10月取引記録

重要指標発表の時間を忘れると必然のダマシ【10/5 -7,079円】

すやき

ん?結構負けたな?何があった?

ナッツ

アメリカのISM発表の時間を忘れてたの。。



昨日の取引結果です。今週からは取引回数を大幅に減らして取引しています。

先週末の【トランプ大統領コロナ陽性反応】より、一時ドル円は105.02円まで下落。

その後緩やかに戻しつつありました。

トランプ大統領のコロナ陽性反応速報直前を直近高値に黄緑色のレジスタンスラインをひっぱり、水色の安値のラインをサポートに、昨日22:45頃、レジスタンスで反発したところを見てショートエントリー。(青色の○)

しかし忘れていた。。その15分後、アメリカの製造業景況感指数ISMの発表があることを。。

ISM製造業景況感指数

全米供給管理協会(ISM)が公表しているアメリカの製造業の景況感を示す指数。300を超える製造業企業に対してアンケートを実施して、回答結果から指数を算出。最新の状況を表し、しかも精度が高いとして信頼度も高いものになる。一般に、数値が50を上回ると景気拡大、50を下回ると景気後退と判断される。

指数は50を上回った上に予測より1.5point 高く、ドル買いの好感材料に。

そのままレジスタンスラインを抜けて日足高値を更新。その後は緩やかな上昇トレンドが続いています。



NY時間が始まる日本時間21時からは、VIX指数も上昇し、値動きが活発になります。PMIがなければ、その値動きを持って下落相場にも突入したかもしれなかったですが残念、、

日本時間21時から24時、とくに月初は、主要なアメリカの指標が発表されやすく、指標結果によるファンデメンタルズ的な値動きが相場にリアルに関わってきます。

ファンダメンタルズ重視まではいかなくても、指標が発表する時間は取引を控えた方が、投資家にとって安全だったかもしれません。

では、昨日のことは忘れて今日もがんばろ〜〜う^^

P.S.初心者向けのFX口座会社選びについて記事を書いています。こっちもー!