9月取引記録

通貨の強弱から判断するドル円トレード【9/15 +10,000円】

9月15日。NASDAQの上昇によるリスクオンのドル売りの流れから、21時半の指標発表前の1時間のトレード結果。

すやき

勝ったよっ!

ドル円チャートで迷わずドル売り。40分のデイトレード、12Lotで+10,000円。

できるだけ再現性のある、人に説明できるトレードを心がけます。



通貨の強弱【Currency Strength】から強い通貨と弱い通貨ペアを探す

OANDA JAPANのサイトから通貨の強弱【Currerncy Strength】をみてます。

今日、日本円は最強とは言えなかったけれど、米ドルは他通貨と比べて最弱であり、対円以外のほぼ全ての通貨でも売られている状態でした。

リスクオフのとき、ドルと円は似たような動きをすることが多く、当然ドル円のチャートでは目立ったトレンドは立ちづらいのですが、今日のように明確なリスクオンの流れがあるときは優先的に円よりドルが売られる傾向があります。

リスクオフ、リスクオンについてはこちら⇩

同じくドル円ペアの、OANDAのオーダー状況。105.400円のストップ注文も弱いため、さらに割るとも考えられました。

ただ、キリのいい数字というのはそれだけオプションの注文が入っていたりと、なにかと想定外のことが起こるので、指値は105.400以上で入れておくのが無難でしょう。

ただ予想通りその後105.4001は簡単に割っていった模様ですが。。。

今日はたまたま予想した方向にチャートが落ちて行ってくれました。

ただ、いつもがうまくいく日ではありません。証拠金は少なめにしてトレードしているため、先日4万飛ばしたときは流石に凹みました。

負けている時ほど、感情的になってしまうものです。

負けているときは一旦相場から離れてみる。僕にはまだこれができないので、近々無一文になるのかな??たまにそう思います。

少しづつ、少しづつ、根拠を持ってエントリーして資産を増やしていこうと思います。

備忘記録として、今日のトレードのエントリー根拠をまとめておきます。

すやき

今日のまとめをするぞ!

9/15のまとめ

・通貨の強弱から、強い円を買って弱いドルを売った
・明確な下降トレンドに乗ったトレンドフォローの戦略
・キリのいい105.400に指値を入れる
・21時半の指標前にポジションエグジットをこころがけた
・感情トレードの排除

負けた日もできるだけ記録に残していきます。

おやすみなさいー!



♪ACE COLLECTION 【Lady】