10月取引記録

欧州時間開始2時間以内は順張りで勝負【10/7 +18,854円】

すやき

昨日の負けは取り返したみたいやな

昼くらいからずっとチャートを見ていたけど、4時過ぎ、欧州時間過ぎに出来高が上昇してきたところでエントリー。

ナッツ

これで昨日の損失と相殺やなあ

欧州時間の始まりは順張りが勝ちやすい

出来高を確認した後のトレードこそ王道

今日のハイライト。2020年10月7日のドル円相場5分足。

キャプチャに示した右の方、16:30~水色のマーカーのように出来高が上昇。

出来高が上昇する局面というのは、約定数が増えていることと同じであり、取引参加者が増えてきたことを示します。

これによりボラティリティも上昇。大きなトレンドの予兆を感じることができました。

その後すぐにドル円為替レートが上昇。オーダー情報を見ると、106.00円に売りのオーダーが入っていましたが、そのレートも簡単に抜けたのでロングポジションを積み増し。

106.100円にはさらに大きな売りオーダーがあったため、念のためここにて利益確定。

すやき

おまえの好きな「利小損大」っやな!?

欧州時間開始数時間は順張りになる

欧州市場の始まる日本時間16時は、ヨーロッパの投資家が参加し、今日みたいに活発な取引が行われやすいと言えます。

ちなみに似たような記事を書いています。

欧州市場の開く時間はヨーロッパの現地時間では朝7時とかなので、兼業の投資家たちは、会社に出発する前にエントリーし、その後数時間は仕事に没頭するため、ポジションを保有したままなのです。

だから、一方向にトレンドが発生するのです。

今日も106.100円にオーダーが固まっていたため、ポジションを手仕舞いましたが、欧州市場開始後三時間が経過することが大きな理由でした。

海の向こうの賢い投資家たちがお昼休み、もしくはトイレでウンコしながらポジションを解消する前に、早めに逃げるのです。

そうすれば、

一寸先と呼ばれる為替市場のなかにあって、確かな手応えをもって生き残ることができるのかもしれません。

今日のまとめです。

  • 出来高が増えてきたタイミングは、市場のアノマリーが起きにくくエントリーのチャンスになる
  • 欧州時間開始後、分かりやすいトレンドにのっかることを意識してみる
  • 欧州の投資家が昼休みをする日本時間19時にはポジション解消も視野に入れる
  • とはいえ、決して無理なエントリーはしない

P.S. FX初心者にオススメしたい証券会社のうち、以下のDMM FX で口座開設をすると、最大20,000円のキャッシュバックを受けれるみたいです。

個人的にはDMMはアプリの使い勝手のよさとデザインがおしゃれで好きなので、よく使っています^^

ぜひ!