FXファンダメンタルズ

大損を回避するために決めておくべきエントリールール

すやき

最初の取引で負けてから感情的になってエントリーしまくったらロスカットくらったよ。。

今がチャンスだと思って市場にエントリー。その後負けたあと、損失を取り返すべく再びエントリー。そういうときは不思議なことに負けまくります。損失は膨らみまくりです。



どんな状況になったらエントリーするかのルールを作る

実現利益の大きな日ほど慎重になり、大損をしている日ほど、感情的になって損失を取り返そうと躍起になります。

負けている時は、ポジションをもっていないと気が済まない心理状態になると共に、焦りの感情によって冷静な判断ができなくなります。

エントリー根拠のない『感情トレード』をするようになると、やがて資金は底をつきます。

大事なことは、

全く同じエントリーを明日したとしても、同様に勝つことができるか

という感覚を持つことです。論拠を持って、再現性のあるトレードを心がけることです。



すやきナッツのエントリールール

僕ももちろん負ける日があり、そういう時は大抵、酔っ払っているか、1日の最初のエントリーで大損をこいたときです。どちらにせよ、正常な判断ができていません。

逆に証拠金70万に対して1日3万円くらい実現利益を出せる日というのは、昼からチャートを眺めていて、21時までエントリーを我慢し、ボラティリティの出始めるタイミングを冷静に見極めた時です。その時の勝率は大体7割くらいまでいきます。

ちょっと小難しい用語が並びますが、僕のエントリールールを以下に。

すやきナッツエントリー根拠
  1. 60分足→15分足→1分足で同一のトレンドが出ている時
  2. トレンドが出ている中で、戻り売り、押し目買いを狙う
  3. VIX指数の上昇(28以上)でボラティリティが高まった時
  4. ドルインデックスと米国債券利回りが同じ方向性を示している時
  5. 16時以降ロンドン市場が開いてから

これをできるだけ徹底します。

できるだけ機械的なルールを設けると、エントリーの際に主観が介在しなくなるため多少は精神的に楽になります。

負けている日でも感情トレードで勝てる唯一の相場環境

今まで、何度も何度も大きな損失を被ってきました。

大損をこいて夜も眠れないような日もありました。ただ、負けまくって感情トレードになる日でも、高確率でプラス転換で勝てる相場があります。

明確なトレンドが出ている日は、戻り売りや押し目買いを狙って利益を出せる

キャプチャのような下降トレンドのとき、赤色で囲った場所で底値売りをして損失を被ったとしても、大きな目線でみれば下落トレンド継続なので、ショートポジションを積んでも勝てる、ということです。

逆に、負けまくってる最中にレンジ相場に突入してしまった時は、新たなエントリーは諦めましょう。

勝つか負けるかわからない状態での市場参入は、ギャンブルそのものであり、大半はスプレッド負けで損失を食らうもの。

とにかく、なんであの時エントリーしたのか、人に説明できるような再現性を追い求めるのが正解です。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。