FXファンダメンタルズ

取引時間を決めれば勝率は上がる

残酷なほどに思惑とは逆の動きをすることもある為替市場において、チャートが上か下かを予想することは、言ってしまえば、ギャンブルと同じです。

予想が当たれば大金を手にし 、予想を外せばマーケットから退場することもある世界、それが為替市場というものです。

しかし、トータルで勝っているトレーダーからみて、それは本当にギャンブルでしょうか。

大事なことは、ランダムで読みにくい相場の時間帯を徹底的に排除し、ランダム度の低下した、予想しやすい時間、つまり、トレンドの出る時間とその通貨ペアを探すことが大事です。



1日の中でトレンドの発生しやすくなる時間帯

為替市場は土日を除いてずっと開いていますね。

当然のことながら、各国によって時差の違いから市場が開いている時間は異なります。

例えば東京の市場が開いている日本時間午前9時から午後3時というのは、日本市場の取引シェアが少ないことから、あまり大きな相場の流れ、トレンドが出にくく、ボラティリティ(変動率)も低いという特徴があります。

一方でロンドン市場の開く日本時間午後4時くらいから、欧州のトレーダーが参加しだすと、市場は賑わってきます。

日本時間午後4時というのは、欧州でいう午前7時くらいなので、出社前のトレーダーが、モーニングコーヒーを飲みながらニュースをチェックし、相場を見ながら市場にエントリーしやすくなってくるのです。

この時間帯は主にユーロやポンドの通貨が取引され、同時間帯に経済指標の発表があるとさらに大きな値動きをするようになります。

そして日本時間午後9時(冬は午後10時)からはNY市場がオープンします。

日本時間午後9時半は、米国の指標発表の多い時間帯で、急に相場に方向性がでたりします。

僕は事前に指標の知識を仕入れていない時は、この時間帯でのエントリーを見送るようにしています。

主要市場のメインタイムは以下の通り。

東京時間 9:00~15:00

欧州時間(夏) 16:00~0:30

NY時間(夏) 22:00~5:00 

参照:https://fx.beginner.minkabu.jp/primer/fx_trading_hours.html

主要な市場が参加しない時間帯というのは取引参加者が少なく、短期的な大口の投機筋によって、相場の急な乱高下があったりし、どうしても相場を予想することは難しくなるのです。

トレンドが出やすい時間帯と通貨ペア

さっきもちょろっと話しましたが、各々の市場がオープンする時間というのは、その国のトレーダーが前夜の株価や指数や債券利回りをチェックする時間で、それをもとに、通貨を買うか売るかをチェックしています。

見ている前夜の情報は世界共通で同じですので、その結果をもとに買うか売るかは、トレーダー間で大体一致するわけです。

なにが言いたいかというと、市場オープン後数時間は、その国の通貨絡みの通貨ペアにおいて、トレンドが出やすいことを意味します。

例えばロンドン市場のオープンする16時ごろ、急にボラティリティが高まり、ユーロ円の相場が一方向に明確にトレンドができることがよくあります。

個人投資家の多くは兼業でやっているため、市場オープン後数時間は、順張りの方向にポジションを持ったまま、しばらくは(トイレ休憩あたりまでは)エグジット(決済)しません。

なのでチャートが上に向かうなら便乗して買いをいれ、下に向かうなら便乗して売りポジションを積み上げる、ということです。

ですので、日本時間9時〜11時は、ドル円のペアで順張りの戦略をとり、NY市場のオープンする22時〜24時頃にかけても順張りの戦略をとると利益を伸ばしやすい、ことが多い、ということです。

また、各市場のクローズする時間というのは、各々のトレーダーの終業前の時間であり、せっかく含み益を抱えているポジションを決済して退社し、その後飲みに行こうと考えるはずです。

なので、市場クローズ数時間前にはポジションを決済、つまりトレンドとは逆の方向に相場が動きやすくなります。

なのでこの時間に逆張りの戦略をとる、ということも考えられますね。

僕は逆張りがあんまり好きじゃないのでこの時間はエントリーを見送るようにしていますが、、

このように、1日の時間でエントリーすべき時間に着目すると、トレンドの流れが見えやすくなるかと思います。

こちらもぜひ参考にしてください。